読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽をしながら資産を増やす

20代後半社会人が資産を増やすために試行錯誤するブログです

一人暮らしで購入して良かったもの ―グリル鍋―

ライフスタイル 節約

一人暮らしをしていると、持ち物はなるべく少ないほうが便利です。掃除も楽ですし、何かと手間も省けます。いわゆるシンプルライフってやつですね。ですが、ごく稀に買ってよかったと思うものがあります。主観でしか判断できませんが、そんな商品を紹介します。

 

・グリル鍋

Amazonで見つけました。メーカーは山善です。価格は3,000円ほどでした。住居にガスコンロはあるのですが、経年劣化により火力が安定せず長時間の調理には不向きでした。そこで目をつけたのがグリル鍋です。

 

f:id:hirasyain1:20161203054446p:plain

スイッチを入れてすぐに表面が温まります。炒め物、煮物、鍋など料理時にはフル活躍です。配線部と鍋部分は取り外すことができ、鍋部分だけを丸洗いすることができます。温度は0~260℃までつまみで調節します。購入してから半年ほど経過していますが、焦げ付きなどはありません。ホットプレートでもよかったのですが、どうせなら焼く、煮る、蒸すなど様々な調理法ができたほうが便利だと考え、購入に至りました。一人暮らしですが複数人で集まって食事をする機会が多いので、使用頻度は高いです。3~4人で鍋をするには丁度いい大きさです。

 

特に便利なのが保温できる点です。約80℃程度に鍋内の温度をキープしてくれます。食べるペースに合わせて調理状態を調整できるのは嬉しいです。焼肉などをする場合も、高温で表面に焼目を付けた後は中低温で火を通すことができます。必要以上に焦げる心配もありません。

 

デメリットは、スイッチを切り忘れても気づきにくいことです。何回かやらかしていますが、外観からは加温されているか分かりません。臭いもありません。鍋に触れるかスイッチを確認することで初めて電源のON/OFFが分かります。気をつければいいと言われればそれまでですが、注意しなくてはいけない点だと思います。ですので、最近は使用後には電源コードを抜くようにしています。あとは、どうしても鍋の性質上、縁が高いため焼肉などで焼き加減を見る場合には中腰になり覗き込む必要があります。若干面倒なだけですので、大きなデメリットとしては捉えていません。蓋があるので蒸し焼きにも対応できますし、使い勝手は抜群だと思います。

 

日常生活にも、仲間と食事をする際にも重宝するグリル鍋は本当におすすめです。ガス生活には戻りたくなくなりますよ(笑)