読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽をしながら資産を増やす

20代後半社会人が資産を増やすために試行錯誤するブログです

独身一人暮らし1カ月の支出を計算してみる。家計簿をつけなくても大丈夫な理由について。

ライフスタイル 節約 その他

突然ですが、節約に家計簿は不可欠だと思っていませんか?独身一人暮らしだと、当然ながらお金の管理は全部ひとりでやらなくてはなりません。一時期はそれで家計簿をつけていた時期もありましたが、今は全く付けていません。理由としてはいろいろありますが、面倒くさいことと、一人暮らしなので家計簿をつけなくても何とか支出が把握できているためです。

1カ月の支出額はこのようになっています。

 

家賃 11,000円

水道光熱費 家賃に含む

食費 30,000円

通信費 7,000円

交通費 10,000円

車両費 6,000円

医療費 3,000円

交際費 10,000円

服飾費 10,000円

計87,000円

 

大体こんな感じです。宴会シーズンにはこれに1万円ほど加わる感じでしょうか。会社の独身寮に住んでいるので、水道光熱費を支払わなくていいのが大きいです。手取りが15万円ほどなので、毎月5~6万円は資産として積み立てることができています。今後の課題としては、食費の削減と通信費の節約、手取りの増加ですかね。

支出の管理としては、財布に約30,000円を入れており、減ったら引き出しています。クレジットカードも1本化することで支出は把握できており、誤差1万円の範囲以内ならばOKとして考えています。家計簿をつけることで確かに支出は透明化しますが、その時間で資格試験の勉強や趣味の時間を増やしたいですね。