読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽をしながら資産を増やす

20代後半社会人が資産を増やすために試行錯誤するブログです

大統領選挙における個人投資家の行動を振り返る

株式投資 ライフスタイル

大統領選挙は事前予想を覆し、トランプ氏が勝利しました。

興奮冷めやらぬ中、昨日の反省会をしたいと思います。

 

様子見を決め込んでいましたが、あれは嘘です。

パソコン前に朝から張り付いて報道を見守っていましたが、

途中から耐えきれなくなり、参入しました。

 

9時~11時はクリントン氏優勢との報道が相次いだことを受け、

日経平均は上昇していきました。

ここでクリントン氏が大統領になれば、

年末にかけて本格的に上昇相場になると言われていました。

保有株式の買い増しが脳裏にちらついたのですが、

序盤で判断することは危ないと考え、踏みとどまりました。

 

11時を過ぎたあたりから情勢に変化が見られ、

トランプ氏がリードするようになりました。

日経平均も弓なりに落ち始め、

どう考えても雰囲気がブレグジットのそれと重なり、

報道の空気が変わったのもこの辺りです。

いま思えば、ここで売りに走るべきでした。

 

午後からは下落一辺倒でした。

日経平均-1,000円まで落ち込むのを死んだ魚の目をしながら眺める作業

していました。

含み損も一時-100,000円を超えましたが、ブレグジットの時も

数日で回復傾向になっています。

そのうち戻るだろう、戻るならば

今が買い、むしろ買いたいとの衝動に負け、

東京電力HDを388円で300株、

ついでにNISA枠でイオンを1,410円で100株購入しました。

 

売り逃していたから余剰資金が不足していたんですよね。

もう少し用意しておくべきでした。

この判断が吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、

注意深く動向を見守ろうと思います。